「的確な整備、さわやかな対応」
桜花自動車はお客様のお役に立てるようがんばります!

松本市のお客様にミニの整備をご依頼いただきました。

最近他店で購入したそうですが、桜花自動車では他店購入車の整備も大歓迎です。
是非ご相談ください。

お客様の気になる音とは、路面の段差を越える瞬間に後ろのほうから「ゴトトトン、ゴトトン」と聞こえる音。

試乗してみると、確かに聞こえてきます。
もう少し乗り込んでみると、カーブに差し掛かる前の減速時、そして、カーブを立ち上がってステアリングを戻す時にも聞こえてきます。

 

工場に戻って、リアサスペンションを調べると、スタビライザーブッシュの摩耗が進んでガタついていた跡がありました。

 

更に調べるとショックアブソーバの上部のウレタンが潰れてガタツキがあること。

スタビライザーとサスペンションを繋ぐリンクのジョイントもユルユルに緩んでいました。

お客様に、今回の整備内容をお見積をお話しして、後日交換作業が決まりました。

 

 

さすが高級車メーカー製のパーツ達です。

一つ一つに一手間が掛かっています。

部品同士の馴染みを確認しながら丁寧に組み立てます。

 

 

交換後は再度仕上がりを確認してから試乗をします。
走行ルートは、穂高のあの丘の道を走行しています。

噂通りの『ゴーカートフィーリング!』を感じます!

「ゴトトン」音が、なんとなく車の限界感を醸し出してしまったのでしょう。

スムーズなサスペンションの動きが、気持ち良く路面の起伏に追従しているようです。

コーナー入り口のブレーキングも、コーナー立ち上がりの、リアへの荷重移動も安心感があり運転に集中できます。

きっと満足していただける仕上がりになったと思います。

 

今回の整備内容は、

リアスタビライザーブッシュ交換
リアスタビライザーリンク交換
リアサスペンションショックアブソーバアッパーシート交換
リアサスペンションショックアブソーババンプラバー交換

ご用命ありがとうございました。

 

桜花自動車では、お客様とよくご相談して整備を行います。
お車をお預かりする際にご来店いただければ、お客様と一緒に状態を確認することも可能です。
車検も、難しい整備も、是非ご相談ください。